hiroki blog

1993年生まれ。会社員兼小学生ドッジボールチームのコーチ。小学生の頃からドッジボールを始め、一度は離れたものの紆余曲折あり、再びドッジボールと関わることに。

教えるときに気をつけてることは何?

どうも、hirokiです。

 

私がドッジボールを教えるときに気をつけていることの一つは、

一人一人の目標を大事にすることだ。

 

わかりきっていることだが、一人一人得意なこと、苦手なことがある。

目標を達成するためには、苦手なことも練習しないといけないことがある。

ただ、苦手な練習をしているうちに、自分の目標を見失い始める。

そうなってくると、だんだん目の輝きが失われてくる。

そのうち、その選手は自分の理想や、なりたかった選手像を忘れてしまう。

 

大人でもありがちなことだと思うが、本当の目標を失って、迷走している状態。

目標を見失い、さらに苦手なことを練習しては、成長するスピードは半減どころか3分の1くらいになるだろう。

 

そんな選手のために、コーチングを始めてみることにした。

1番の目的は、子どもたちの本当の目標を思い出してもらうことだ。

それだけで子どもたちの目は輝きを取り戻し、苦手な練習にも前向きに取り組むことができる。

 

これも大人と同じだと思う。

目標があるときは、全てが目標のための行動となり、ワクワクした状態でいられるが、目標を見失った途端にやる気を失い、仕事が辛くなったり、何も楽しめなくなったりする。

私がそうなっていたからこそ、子どもたちには目標を見失わないよう、手助けをしてあげようと思う。

子どもたちが輝き、その可能性を発揮できるように。