hiroki blog

1993年生まれ。会社員兼小学生ドッジボールチームのコーチ。小学生の頃からドッジボールを始め、一度は離れたものの紆余曲折あり、再びドッジボールと関わることに。

その壁の名は

そろそろ、壁にぶつかるメンバーが出てきたかな。

思ったように記録が伸びなかったり、成長の速度が落ちてきたり。

そんな状況でも、誰一人諦めようとしていない。

チームとして、個人として、強くなるためにやれる事を愚直に頑張っている。

まだ、その壁に、限界の名前を付ける子はいない。

これはとても嬉しい。

各々に与えられた試練を乗り越えようとしている。

みんななら、必ず乗り越えられる。

試練だと思えているうちは、何度だって挑戦する。

これを、限界だと思ってしまうと、挑戦をやめてしまう。

だから、みんなが限界と思ってしまう前に、少しだけ、タネを蒔いてみた。

特に悩んでいそうな数人に。

伝えた時のぱあっと明るい笑顔、何か閃いたかな?

素直に話を聞いてくれて、実践してくれる君たちは私の宝物だよ。

どんなタネなのかは、芽が出始めた頃に書いてみようかな。