hiroki blog

1993年生まれ。会社員兼小学生ドッジボールチームのコーチ。小学生の頃からドッジボールを始め、一度は離れたものの紆余曲折あり、再びドッジボールと関わることに。

人を変える方法

あの人は、もうちょっと優しければなぁ。

あの人は、すぐに怒ることさえしなければなぁ。

そう思いながらも、変えられずにいた頃を思い出してみると、私自身が変わっていなかったんだなぁ。

と気づく。

優しくしてくれないから、優しくしてあげない。

すぐに怒るから話を聞かない。

この反応を変えなければ、誰かが変わることはない。

相手から、マイナスの刺激をうけ、マイナスの反応をすると、相手に与える刺激も、またマイナス。

相手から、マイナスの刺激をうけても、プラスの反応をし、プラスの刺激を与えてあげること。

これが人を変えるのに1番有効だと思う。

そして、1番大事なのは、続けること。

その人が積み重ねてきたものを、一回や二回で変えられるだろうか?

最初は、プラスの反応をしても、マイナスで返ってくることがほとんどだと思う。

変わってくれないとぼやく人は、大体数えられる程度しか、取り組んでいない。

真に相手を変えてあげたい、と思う人は常にプラスの反応を返している。

だから、その人の周りは、プラスのエネルギーに溢れてる。

そうしているうちに、相手は変わってくる。

自分を変え、相手を変える。

言葉を付け足すと、

自分を変える事で、相手が変わろうと思うきっかけを作ることになり、相手は自らを変える。

相手も自分で変わるようになる。

この意識が大事だと思った。