hiroki blog

1993年生まれ。会社員兼小学生ドッジボールチームのコーチ。小学生の頃からドッジボールを始め、一度は離れたものの紆余曲折あり、再びドッジボールと関わることに。

子どもは見抜く

子どもは、うわべだけの言葉を見抜く。

うわべだけの言葉は子どもには伝わらない。

行動が伴ってないからだ。

子どもは、心の底を見透かす。

心からの言葉、行動は子どもに安心感を与える。

そして、それは信頼へと繋がる。

子どもは、本質を見定める。

言葉や行動の中心にあるものを見ている。

誤魔化しているつもりでも、誤魔化せてはいない。

子どもは、迷いに気づく。

自信のない言葉、行動は子どもを不安にしてしまう。

強がりではなく、心の強さを。

 

何を言うか、何をやるかではなく

どんな心の持ち主か。